大阪で口コミ人気の高いパーソナルトレーニングジムBEST5をご紹介!プライベートジム選びの比較におすすめ!

パーソナルトレーニングジムのトレーナーの資格とは?

身体をメイクアップすることができるパーソナルトレーニングジムには、知識と実践力があるトレーナーがいますが、仕事として活動するには資格が必要です。

国家資格ではないので、運動系の学校を卒業していたり、専門の養成スクールで学べばトレーナーとして認められてジムで働くことが可能になります。

人の身体をサポートする仕事ですから、クライアントの体質や体力に合ったメニューを考案しトレーニングを継続させる技術が欠かせません。

 

比較的取得しやすいNESTA-PFT

本格的な知識を学びトレーナーになるには、国際的に認知されているNESTA-PFTを取得すると良いでしょう。試験の開催日も多いので、日程を合わせることが可能ですし、費用も七万円ほどで高卒でも一年以上の実務経験があれば受けることができます。

トレーニングジムで実践し試験を受けるまでの期間も短いですし、取得するまで何回もチャレンジすることが可能ですから自己都合などで諦めないで済みます。実際に資格を取得するまでの期間は個人差がありますが、しっかりと実力をつければトレーナーとして活躍することが叶います。

また、日本のジムでなくても雇用してもらえる可能性がありますから、海外で働くことも視野に入れることができます。

 

活動の幅が広がるNSCA-CPT

比較的多くのパーソナルトレーニングジムで働くことができる資格に、NSCA-CPTがありますが、内容はNESTA-PFTとあまり差はありません。これを取得するためには、AEDやCPRなどの救命系の資格取得が必要ですが、高卒でも取得することが可能です。

取得に必要な費用は五万円ほどですから、資金を調達することは決して無理ではありません。万が一、クライアントの健康状態が急変しても、救命措置を行うことが可能ですから、トレーナーとして大きな安心感を与えることができます。

毎日、ハードな運動をすると、発汗したり心臓に負担がかかることが予想されますし、持病があれば悪化するリスクもゼロではありません。パーソナルトレーナーが、必要最低限の救命措置を素早く行うことで、クライアントの命を守ることができます。

 

規準が厳しい日本で発行しているJATI-ATI

専門学校で学び三年以上の指導経験がないと受験資格がもらえないJATI-ATIは、日本の協会が発行している資格です。スポーツのプロが受けるパーソナルトレーニングジムのトレーナーとして、活躍することも夢ではないですが、規準が厳しいので本格的な知識と技術がなければ取得は難しいでしょう。

日本人のプロスポーツに対する意識はとても高いので、他人には真似出来ない結果をもたらすための肉体改造をサポートする必要があります。パーソナルトレーニングジムに対する期待が高いクライアントを納得させるトレーナーになるには、並大抵の努力では実現することは叶いません。

トレーナー自身もプロのスポーツ選手を目指していた経験があったり、人並み外れた身体能力があるならば、パーソナルトレーナーとして信頼される人になれるでしょう。

 

人の身体能力を引き出して肉体改造を手助けする、パーソナルトレーニングジムのトレーナーは、いろいろな知識と実践力が必要です。素人からプロまで利用するパーソナルトレーニングジムを運営するには、人並み外れた努力が欠かせません。

現場で実務経験を重ねて常に自己鍛練をして、はじめてパーソナルトレーナーとして活躍することが叶います。国家資格ではないので、体力に自信があり運動神経が良ければ、取得するために努力すると良いでしょう。

日本ではパーソナルトレーナー養成スクールも増えていますから、勉強してスキルを身に付ければ、クライアントから信頼されるパーソナルトレーナーになることができます。




サイト内検索